東京における「0.99」と「都市開発のあり方」

 今朝の東京新聞は、過去の都知事選をふり返り「都知事選は、結果がそのまま国を変えうる選挙なのだ」と報じた。都政新報は「自公といった政権与党が実質的に支援する小池知事が破れたら、政権交代は現実のものとなるだろう」と報じているように、今回お都知事選は、まさに日本の政治を左右する選挙になっている。反自民でスタートした小池都政が、8年経った今、この選挙では自民党都連が全面支援を表明するほど、自民党に依拠しなければならなくなっている。大企業が集中する大都市東京で、出生率0.99はなぜなのか。目先の政策だけで将来の東京を描いた政策になっていないからこそ、出生率0.99になったのではないか。蓮舫さんの″若者の負担と不安を解消する”政策に大いに期待したい。20日中野駅での第一声の蓮舫さんの訴えは素晴らしかった。同時に応援演説をした辻本氏も蓮舫さんの思いと選挙の2つの争点(0.99ショックと都市開発)も非常にわかりやすいものだったユーチューブで視聴していただきたい。
 明日22日(土)14:00~、かつしかテクノプラザ大ホールで政談演説会が開催される。主催は「まっとうな都政をつくる会」、弁士は都議(共産、ミライ)、区議(立憲、新社会、生活ネット)など多彩で、市民と野党の共闘の演説会になる。区議会も本日閉会し、全力をあげていきたい。

都知事選スタート

 本日、都知事選が告示された。蓮舫さんの政策でもっとも重視されたのは、若者、子育て支援だ。やはり将来を展望するうえで欠かせないキーワードだと思う。子どもはいずれ若者になり、大人になっていく、そして年をとっていく。子育てもしやすい、いろんなことにチャレンジできる、安定した雇用、そして老後も安心、緑もたくさんある、人権を尊重しあう、そんな大都市東京にしていきたいものだ。
 高齢化の問題で、つい最近、介護問題についてケアマネージャーを講師に勉強会が開催された。さすがに詳しく、最 初は訪問介護の報酬減の話から、高齢化と低賃金でヘルパーさんもどんどん減ってい る現状や賃金を要求しても「利用者さんの負担が増えると言われる」と悩んでしまう状 況化にあるとのことだった。介護タクシーについて「1割負担なのか」の質問に、玄関か ら乗車するまでは介護保険だが、走っている間は普通のタクシーと同じで料金がかか ることや介護タクシーの事業者にもいろいろあるが、いくつか紹介もしてくれた。デイサ ービスに通いたがらない要介護2の連れ合いを「どうしたら行ってもらえるか」の悩みに も、「プロのトレーナーや若い人が教えてくれる」「若い人と接することもできる」「何より も人に会いに行くことは重要だ」「何もしなければ来年歩くことができなくなるかもしれ ないし、早く運動を始めることが大事」とアドバイスをしてくれた。また「女性ばかリで行 きづらい」という声には、「だったら男性ばかりのデイサービスを作ればいいじゃないで すか。最初の1人になってください」、「デイサービスは自由な時間がない」の質問にも 「どんどん要求をだして改善したら、皆さん声上げるの得意でしょ」と返す言葉もないく らい適格なアドバイスだった。
 

葛飾民商の定期総会


 本日は、葛飾民商の第74回定期総会。私も民商の会員として参加。写真左の吉原会長は、大変ユニークなあいさつをされる方で、3月の重税反対行動の時には、自民党の裏金づくりについて「私には秘書はいない」「これから表金を申告に行こう」とあいさつをしていた。そして今回も期待したが、期待通りのあいさつで、「小池の唄を歌います。♬小池は木を切る~ヘイヘイホ―♬」と歌いながらのあいさつだった。この会長は裏切らないんだな~。写真は左は会長で、右は議長、2人とも下を向いて何か反省しているように見えるが、決してそんなことはなく原稿をみているだけだ。コロナ禍で頼りにされた民商が、物価高の下でも頼りにされる存在になっていけるのではないか。私も民商の会員だが、総会では区議会議員としてあいさつをさせていただいた。

支援を排除しない蓮舫さんをリーダーに

 今日は暑かったが、午前午後と訪問活動。蓮舫リーフを使って、「お知り合いに直接手渡しできる方いませんか?」とお願いすると「小池さんは変わったほうがいいけど、結構手ごわいから蓮舫さんも頑張らないと」「10人位仲間がいるから声かけるよ、頑張って」など、リーフを1枚、2枚、3枚と受け取ってくれる方もいて心強い限りだ。小池知事は、議会運営委員会で出馬表明したそうだが、和泉なおみ都議がその委員会で、「ご自身の問題だから議会を使わずに記者会見したらどうなのか」と議会の私物化を指摘したとのことだ。議会では野党への答弁拒否を繰り返していることがSNSで拡散されているが、マスコミがほとんど取り上げないのも問題だ。労働組合や政党の支援を排除せず、幅広い都民の支援を受けて都民のための仕事をしたいという蓮舫さんこそ、首都東京のリーダーにふさわしい。蓮舫と次の東京へ、その政策を期待したい。

市民と野党の蓮舫宣伝


 都知事選での蓮舫押し上げに都内全駅宣伝が提起され、葛飾区内では金町、新小岩、亀有、青砥の4駅で行われた。各駅には市民と立憲、新社会、共産の各区議も参加し、新しい蓮舫リーフを配布し「蓮舫と次の東京を」「まっとうな都政を」と元気いっぱいの宣伝になった。金町駅南口には、私、門脇議員(立憲)、中江前議員(共産)も参加し総勢32人で、南口だけでなく、北口でも宣伝。告示まであと5日。この選挙で勝てば、都政だけでなく日本の政治の流れを確実に変えていくことができる。そして野党共闘が大きく前に進むはずだ。

葛飾でも立憲野党と市民が話し合い

 20日告示の都知事選をどう闘うか。そのための東京17区合同選対の顔合わせ会が開催された。今回の都知事選挙は、2月から市民と野党の共闘の候補者選考委員会も開催されるなど、これまでの知事選とは闘い方が最初から違っていた。17区でも今回のような合同選対は初めてだ。蓮舫さんを応援する政党や市民が集まり、今後の宣伝計画や宣伝物について確認することができた。本日、小池知事は出馬を表明し、自民党も支援を決めた。反自民を看板にした小池都政の看板は剥げ落ち、まさに自民党を二人三脚であることが明らかになったきた。東京から裏金自民党に審判を下し、東京の豊かな財政を都民の暮らし応援に使っていく都政に変えていくためにも蓮舫さんを押し上げていきたい。立場の違いを超えて反自民、非小池都政の一点でオール東京で「蓮舫と次の東京へ」進んでいきたいものだ。